注文住宅にかかる費用や相場




money-168025_1280

注文住宅の費用や相場について

注文住宅を建てるのにかかるお金の相場というのはそれぞれ違いがあるように感じますが、かかる費用の一番の違いというのは、それぞれの施主がこだわって住宅を建てていることでかかってくる料金も違ってきます。

また、価格には地域差があるので、地方や首都圏などによっても業者の費用は変わってきますし、土地代ももちろん違うので、地域ごとにも開きがあります。

費用の相場としては

一般的に45坪程度の木造でおよそ1千万円台後半から3千万円台前半

鉄骨造でおよそ2千万円台半ばから4千万円台前半

RC造でおよそ4千万円台前半から6千万円台前半

となっています。

この開きは前述したように、こだわった設計や内装などで違ってくるので、どれもが一律同じで決まっている訳ではないのです。

ただ、少し注意していただきたいのが、注文の住宅の価格を調べる時です。

特に気を付けていただきたい点が、坪単価が本体価格で表記されている場合です。

これは、実際の建物価格ではなく建物だけの価格を建物の延床面積で割った坪単価になります。

通常であれば、付帯設備を含んだ実際に建つ家の価格を建物の延床面積で割って坪単価を表しているので、見方には注意が必要です。

本体価格に含まれないお金について

注文の住宅の表示で本体価格を使用されている場合には、別途で必要となるお金について知っておく必要があります。

それは

屋外の給排水工事

電気工事

ガス配管工事

などにかかるお金です。

これらは、家を建てる際は必ず必要となるお金です。

また、家を建てる土地によっては

特殊基礎工事

地盤改良

杭工事

も必要になります。

さらに、特殊な運搬工事費や仮設工事が必要になる土地もあります。

他には申請手続費という名目で

設計料

地盤調査費

敷地測量費

確認申請費

が必要になってきます。

施主の希望によっては、エアコン空調工事や居室の照明器具工事、外構工事、カーテン・ブラインド工事などが必要となりますし、この他にも、オプション工事として施主の希望に沿う為のお金が追加されていきます。

おおよその金額は最初の段階でも分かるのですが、支払い総額が最終的に決定するのには、少し時間がかかるので、ちゃんと販売業者の営業としっかり話し合って納得してから契約しましょう。

注文住宅と建売住宅の価格や建てるまでの違い

マイホームを検討される場合には、建売の住宅と注文の住宅で迷われる方も多いかと思いますが、建売されている住宅は、一般的に土地や間取りなどが決められており、購入後すぐに住める住宅のことを指します。

また、注文住宅は好きな土地に好きな間取りで設計して住宅を建てるので、注文住宅は着工してから完成するまで、おおよそ9カ月から長いと2年近くかかると言われています。

その為、工事中は二重に居住費が必要となるケースも多く、工期が遅れて中々入居できない場合もあります。

建てるのにかかる金額の総額は一般的には建売の方が安く、注文の方が高くなります。

注文住宅はオーダーメイドになるので、高くなるのは当たり前なのです。

そして、注文住宅を検討されている場合、気を付けていただきたいのが土地探しです。

建売されている戸建住宅は土地探しの労力がいりませんが、注文の住宅は気に入った土地に住宅を建てる事ができます。

ですが、その反面中々良い土地が見つからないとか、想定している価格帯でおさまらないなど、けっこう土地探しは苦労します。

もちろん施工業者が探してはくれるのですが、例えば太陽光を屋根に乗せたいという場合は日当たりが良く、今後その地域に大きな建物が建つ予定が無い場所を選ばなければならないのですが、それが中々見つからなくて土地も決まらないというケースもあるのです。

このようにマイホームを持つことを計画してから、実際に完成するまでには、それ相応の時間がかかるのが注文住宅なのです。

ただ、注文住宅は、建て主の要望に沿って法律や予算の範囲内でどんな住宅でも建てる事ができるので、完成した時の喜びは建売住宅にはかないません。

ここが費用やかかる時間を忘れさせるほどの魅力なのでしょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加