優良な中古住宅を見極めるポイント




san-francisco-210230_1280

中古住宅の優良物件を探すには

最近では低価格とリフォームの自由さから、中古物件の優良物件を探されている方も多くなってきました。

中古物件を探す際には、地域や住宅の広さや価格など、様々な角度から良質な物件を探すことが求められます。

その中で中古物件の良い物件を探す重要なポイントとしましては、耐震性の確認です。

1981年6月以降に建設された住宅は新耐震基準で建てられており、また、2000年以降の物件は、木造戸建て住宅の耐震性がより厳しく設定されていますが、厳しく設定して建てられているとはいえ、現状でも強い耐震性はあるのかと聞かれれば答えは100%YESではありません。

また地盤に関しても同様で、建造物の劣化と共に地盤が沈んでいるような物件も多数みられるのです。

ですから、軟弱地盤や造成地の盛土の有無、液状化のしやすさなどを確認することが重要になりますが、これらは、地域の自治体で確認できるようになっています。

耐震性を外観から確認する方法としましては

中古物件の基礎部分や壁にひび割れがないかどうか?

床下換気口が基準通りに設けてあるかどうか?

などが簡単に確認できる方法になります。

また、床下や屋根裏をのぞいて確認するのも良い方法ですね。

中古物件を案内された時に少しでも不安に思う点などがあれば、すぐに担当者に質問して、購入後にトラブルにならないように事前に対策しておくようにしましょう。

中古物件で確認するべきポイント

上記でも紹介しているように耐震性などの物件の状態チェックというのが優良な中古住宅を探す際にはポイントになってきますが、中でも耐久性というのはしっかり確認するべきところですね。

中古物件の耐久性は、木造住宅の場合は柱や梁の耐久性を見る、質問する、確認する。

そして土台も同様に構造部分の木材の状態をチェックしてもらうようにしましょう。

また、床下のシロアリ対策はできているのか?などの確認も重要です。

以前の所有者がこれらのメンテナンスをきちんと行っていたかどうかは、購入を決めるのにはかなり重要で、やはりメンテナンスがしっかりされていない家となると、状態もあまり良いとは言えません。

これらの情報を調べるには家歴書などを利用し確認するのが良いでしょう。

さらに、排水管やガス管の為の点検口が設置されているかどうかも確認が必要です。

設備配管類がコンクリートに埋め込まれていないかどうかも注意しましょう。

また、物件だけでなく家の周りというのも、これから住む上ではかなり重要で、最近は隣人トラブルもよく聞く話ですし、周りにどんな人が住んでいるのかって結構重要です。

いちいちインターホン押してまで確認する必要はありませんが、それとなくどんな人が住んでいるんだろうな?と周辺にも目を通しておくべきでしょう。

ちなみに私たち夫婦が見学した時、紹介された物件の隣の家の住人(息子さん!?)が爆音を鳴らしながら車を洗っていたので、ここは無いわとってところもありました。

その他にも気を付けたいのが、住宅火災です。

火災が発生する原因で、あまり知られていないのが、隣家から火がうつってしまうケースです。

このようなリスクも考えると、隣家との距離が遠いほど安全と言えます。

また緊急時に消防車や救急車が自宅まで来れるかどうかを、周辺の道路幅などから確認しておきしょう。

周辺道路が細い場合は、災害時の被害拡大や危険性も増します。

また、隣家との距離が近い場合は、窓や外壁、軒裏などに燃えにくい材料を使っているかもしっかりと確認しましょう。

中古住宅に快適に住む為に確認する点

快適な中古物件に住む為に大切なのは断熱性です。

地域によっては冬場は物凄く冷えるので、断熱性というのは健康を保持する為にもかなり重視すべきポイントになります。

それに、断熱性があるないというのは、光熱費にも大きな影響を与えますし、中古物件に住んでからのメンテナンス費用にも大きく関係してきます。

なぜメンテナンス費用に関わってくるのかと言うと、断熱性が不十分だと結露やカビの原因になったり、酷くなると壁も腐ってしまうからです。

ですから、現状では断熱性に優れていなかったとしても、窓まわりのリフォームが必要かどうかだけは確認しておきましょう。

そして、快適に住むための一番重要視したいところは日当たりの善し悪しです。

住まいによっては日中に全く日が当たらない、洗濯物を干す場所がいつも陰になっているなど、日当たりが良いのか?悪いのか?ってかなり重要です。

それに、家の窓と隣の窓が近くて開けられないなど、建てられている環境によっては物凄く過ごしにくいことにもなりかねませんので、ここはしっかりと見ておく必要がありますね。

開口などから入る明るさが十分にあると精神的にも良い影響がありますが、隣家の状況によっては、カーテンをずっと閉めなければいけない状況もあります。

購入を検討される場合は、しっかりと昼と夜の様子を確認し、快適な生活が送れるかどうかを考えることが大切です。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加