マイホームの頭金っていくらあればいいの?




new-england-1336172_640

マイホームの頭金は事前にいくら準備すればよいのか?

マイホームの購入を検討されている方は、まずある程度お金を貯めてから住宅ローンを組む方が多いですが、いくらまで貯めればよいのか?迷われる方も多いでしょう。

一般的にマイホーム購入時には、住宅購入金額の2割程度のお金を事前に用意するべきだと言われていますが、それとは別に必要となる費用が購入金額の約1割必要になるとされています。

更に、別途必要となる費用は現金で準備しておく必要があるので、頭金としては2割前後だとしても、購入額の3割ほどは現金で払える様にしておくのが望ましいとされています。

昔は、事前に購入金額の2割程度のお金を準備していないと住宅ローンが組めない場合も多かったのですが、現在ではそのような縛りはありません。

ですから、低金利な住宅ローンを借りる為の準備金としてや、住宅ローンを毎月無理なく返済できる金額になるように、頭金をいくらにするか決めればいいでしょう。

頭金ってそもそも何の為に準備するのか?

頭金を準備する目的は、住宅ローンの総額を多く借りたい方や返済期間を短くしたい方、より有利な低金利の住宅ローンを選びたい方にとって重要になってきて、頭金を用意する事で、毎月の返済金額を少なくできるからです。

さらに、何らかの理由で住宅を売却する事になった場合に、頭金を前もって入れておけば、住宅ローンの残債が少なくなり、物件自体も売りやすくなります。

しかし、最近では毎月の返済に問題ないであろう場合は、頭金を準備せずに住宅を購入する方も増加していますが、毎月の返済額を考えるならある程度は貯蓄しておいた方が後々楽でしょう。

頭金を準備するメリットは返済期間を短く、利息を少なくできる

マイホームの購入で頭金は概ね2割から3割と言われていますが、転勤族の場合はそうとも限らず、どちらかと言えば頭金は多めに貯めてから購入に踏み切る家庭が多いですね。

その理由としては若い内は転勤ばかりで定住できなかったからという理由や、長いこと社宅住まいだったので、貯金が結構あったので、その貯めたお金を家の頭金にあてて、返済を楽にしている家庭が多いのです。

頭金を多めに準備しておけば、返済期間は短くできますし、最初に払っておけば、利息も少なくなるので、最終的な総支払いを減らす事ができます。

いくら準備すればいいのか?悩まれる方もいますが、毎月いくらだったら住宅ローンを払えるのか?

例えば頭金が0の場合だと毎月の返済額が10万円。

でも、10万円も毎月は無理・・

じゃあ、毎月の返済額を8万円までにしたいとなったら、いくら頭金を用意すればいいのか?

それを住宅販売業者に聞いて、自分たちに合った最適な額を用意するようにしましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加