マイホーム購入後に転勤・・売却?それとも貸す?




home-1247150_1280

マイホームを購入したら引っ越す事になってしまった

念願の住宅を購入した後に、転勤の辞令・・

そんな時、最初に悩まれるのが、単身赴任するのか?家族全員で引っ越しするのか?の2つの選択です。

転勤が長期に及ぶと考えられる場合は、妻も子供も一緒に引っ越す方も多いですが、全員で引っ越すとなると、せっかく買った家をどうするか?家を貸すのか?それとも売却するのか?で結構悩まれます。

引越ししても住宅ローンや税金というのは待ったなしで発生するので、賃貸にするか売るかを早く決定しないと、引っ越し先での生活費にも負担をかける事になります。

貸すのと売るのはどちらが良いのか?考えられるメリットデメリットをご紹介させていただきます。

家を貸す場合のメリットデメリット

住宅を賃貸として貸し出す場合のメリットは、家賃収入を得られることで、それを新たな土地でのアパートやマンションの家賃や貸し出す家の住宅ローンにあてられる事です。

特に駅近くなどの立地の良いマンションの場合は、比較的借り手が見つかりやすいのもメリットですね。

私の旦那の同僚は横浜のマンションを購入したけど、転勤で引越すことになり、賃貸として貸し出したら直ぐに借り手が見つかり、そのマンション収入が既に1000万円を超えているそうです。

そして、今はそのご家族の方がそのマンションが気に入ったので、売ってくれないか?という相談を受けているところだとのこと。

こんな良い事例もあるので、立地が良ければ貸し出すのも悪くはないですね。

反対にデメリットとして挙げられるのが、戸建住宅や立地の不便なマンションは借り手が見つからない事です。

それに、マンションは管理費や修繕積立金が必要ですので、借り手が見つかっても住宅ローンの返済額によっては毎月赤字になる可能性もあります。

さらに、戸建住宅・マンションともに固定資産税は毎年必要になるので、貸すのが100%上手くいくわけではありません。

また、ご自身が住んでおられない住宅には、住宅ローン控除が受けられないという決まりもあります。

住宅を賃す場合は、条件によっては家賃収入で利益を出すのは難しいケースが多いのです。

利益が出ない物件は、何十年働いて手に入れたとしても、他の人の使用や経年劣化で古くなった家が残るだけです。

経年劣化してから売却するのは、よほど立地が良い物件でないと難しいのが現実でしょう。

実際、建てられてから10年を過ぎると、買い手も借り手も付きにくくなると言われているので慎重に検討する必要があります。

住宅ローンが残っているのに売却するメリットデメリット

家を売るメリットとしては、まとまった額のお金を得られ、それを住宅ローンの返済にあてられる事です。

立地の良い戸建住宅やマンションの場合は、比較的買い手が見つかりやすい、場合によっては購入価格よりも上がっている事もあるというのがメリットでしょう。

さらに、売る事によってマンションでは管理費や修繕積立金などの維持費が不要になりますし、戸建住宅・マンションともに固定資産税も払う必要がなくなります。

反対に家を売るデメリットは、立地によっては買い手が見つからないケースがあるということや、住宅ローンだけ手元に残ってしまうという事です。

住宅の条件によっては売却する際の査定額が非常に少なくなり、住宅ローンの残金が大幅に残ってしまい現金での支払いが必要になるケースもあります。

さらに買い手が見つからないとなると、その間の住宅ローンの支払いや税金、維持費が必要になる事もデメリットになります。

どちらもメリットデメリットありますので、まずは慎重に判断する事が重要になります。

まずは、今の家の価値がいくらあるのか?を査定してもらい、売却価格と残りのローンの金額を照らし合わせて、これからを決めるのがベストなんじゃないでしょうか。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加