住宅展示場の見学で必ず見るべきところとは?




wooden-floor-1336166_1280
マイホームが欲しいと思った時は、より多くの物件を見たり、多くのパンフレットや資料を集めて、その中から良いなと思うものをピックアップしていく必要がありますが、中でも身近なものとしては各地域にある住宅展示場です。

住宅展示場に足を運び、実際に目にすることで、マイホーム購入時に何を重視して選ぶのかをご家族内で確認しやすくなるというメリットや、住宅展示場は、住宅メーカごとの相場価格を見たり、最新の住宅設備を確認したり、最近の住宅の流行りを確認したりするのにも役立ちます。

どんなところにポイントを置いて見学すればいいのか?そのポイントをご紹介します。

住宅展示場の見学で確認しておきたいポイント

展示場に訪問する際には、オプションの家具が設置されている事が多い為、実際の仕様を確認することが必要になります。

例えば、オプションにはシールなどが貼ってあるケースが多いのですが、オプションや家具などが配置されていると、実際の雰囲気を感じにくいことや実際にマイホームを建てる際には日当たりや設備の配置などが変わることもあります。

実際、住宅展示場に設置されている物はほとんどがオプション品で、来客が「こんなところに住めたらいいな」と思えるような部屋づくりになっているので、本当の住宅の雰囲気は掴みづらくなっています。

ですから、部屋の広さ、間取り、収納力は実際の広さや雰囲気をしっかり把握しておかなければなりません。

水回りの確認

また、見学時に必ず押さえておきたいのが、台所やトイレ、台所、浴室などの設備の確認。

支払う価格によって設備は変更可能ですが、一般的にどのような設備が使用されているのかをしっかりとチェックしておかなければなりません。

シャワーの水圧なども体験できる場合は、確認しておきたいところです。

コンセントの配置

実際の生活では、コンセントの位置や数、電話やインターネット環境なども必要になりますが、どの程度コンセントがあれば、安心できるのかをご家族で相談しながら見ていきます。

大抵は適切な場所に最適な数のコンセントが用意されているのですが、中にはこんなところに、これだけしかないのかよ・・というような住宅もあります。

追加はオプションで可能ですが、追加料金なしでどれだけ魅力的な物件なのかをチェックしておきたいところです。

また、使用されている建具についても、デザインや仕様を確認して使いやすい物を知っておきましょう。

営業マンとの相性も大切

家を買うのってネットで調べても、最後は営業と対面して購入するかと思いますが、やはり、対人間なので相性というのは非常に重要です。

特に戸建て住宅を販売している業者の社員はノルマもあったりするので、無茶苦茶な営業を仕掛けてくる人もいます。

特にこういった営業マンは大学卒業したての若い20代の営業マンとかに多く、そこまで知識が無いけど、いかにもプロの様な口で、何も知らないであろう私たち買い手の足元を見てくるような人も少なからずいるのです。

ですから、この人は真摯に対応してくれるなと思える人から買った方が、後々後悔もしにくいですし、気持ちの良い取引ができます。

高額な買い物になりますし、できるだけ相性のいい営業から買いたいものです。

住宅展示場の見学で注意しておくべき事

展示場では、さまざまなメーカーの最新住宅を見る事ができますが、衝動買いの様に「これに決めた!」と即決は禁物です。

家を買うというのはライフイベントの中でもかなり大きなイベントになります。

一括で払えるならまだしも、35年の住宅ローンを組んでとかになると、一生を左右する事になるので、購入する予定があっても、一旦持ち帰り、その場で契約するのはやめましょう。

住宅メーカーを選ぶ為には、各メーカーの考え方や建物の構造、性能、保証体制などをしっかり理解する必要があります。

展示場は場所によってはかなり広いので、その日に見るメーカーは、行く前に絞って効率的に見ていくのが良いでしょう。

1日に多くのメーカーを見学するとなると、正直かなり疲れます。

しっかりと営業マンの話を聞きながらと考えると、1日で回れる目安は概ね3棟から5棟くらいが限度でしょう。

何度か足を運ぶつもりで、メーカーを定めてゆっくりと細部まで確認していきましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加