マイホーム購入の年齢の限界とは?




home-1249324_1280

マイホーム購入の年齢の限界について

家を買う際は、ほとんどの方が住宅ローンを利用されるかと思いますが、買うにしても年齢には限界があると言われています。

もちろん、マイホームを現金一括払いで手に入れるのであればその制限はありません。

しかし、現在住宅ローンを利用して住宅を手に入れる歳の限界は、おおむね45歳まででしょう。

その理由は、返済期間の最長は35年となっていて、完済時の制限が80歳になっている住宅ローンが用意されているからです。

現在の住宅ローンは以前と違い、満70歳までに完済するという条件がなくなっています。

昔はこの条件があった為、35歳までに住宅を手に入れる方が多かったですが、現在は晩婚化も進んでいて結婚する年齢も段々と高齢化していますし、完済が80歳となっているので、45歳までには・・と誰もが考えています。

給料が上がらない今の時代に、いつ家を購入するのか?

現在は勤務先での年功序列制度も崩れ、給料が年齢を重ねるだけでは上がらない時代となっています。

お子様がいるご家庭では、お子様が成長を重ねるにつれ子育てや教育資金にかかるお金はどんどん増えていく。

その為、住宅を手に入れる時期を結婚してから子供ができる前の共働き期間に設定される方も増えてきていますし、中には結婚と同時に家を手に入れる方もいますが、これは転勤が多い家庭にとっては、かなりハードルが高そうに見えます。

ただ、これからかかるであろうお金の事を考えると、新居に7万円程度の賃貸住宅を借りる方の場合は、敷金や礼金、前家賃、さらに仲介手数料や保証手数料などで、最低でも50万円程度の費用を用意しなければなりません。

さらに、賃貸住宅ではガス台や収納家具を購入しなければいけない物件も多々ありますが、家を購入する場合は、それらの費用を頭金に充当できます。

なので、できれば妻が正社員として働ける共働きが可能な出産前の期間に購入に踏み切るというのも一つの方法ですね。

自己資金が少ない場合は?

少ない自己資金でマイホームを手に入れる場合でも、駅から近い3千万円程度の2LDKか3LDKの新築マンションなどを手に入れる事ができます。

最近の住宅事情としては購入する方の年収が落ちていることからも、比較的住宅ローンの審査も通りやすくなっているような印象があります。

駅から近い物件は、もし将来的に売りにだす場合も買い手が付きやすいメリットもありますし、新婚当初はまずは2LDKくらいのスペックのマンションを手に入れ、お子様が生まれて狭くなってきたら中古として売却するのも良いでしょう。

2千万円代から3千万円の住宅なら、全額を住宅ローンで組んでも、毎月の返済金は7万円から9万円くらいでおさまります。

住宅ローン以外には、返済管理費や修繕積立金、税金などが必要になりますが、10年間は住宅ローン控除を受ける事ができるというメリットもあります。

もちろん、頭金をしっかりと貯めてから短期間で返済していくのが最も返済総額を減らす有効な方法ですし、購入検討してみたけど、やはり夫の転勤に家族でついていくというなら、それでも良いでしょう。

最終的には、ご自身のライフスタイルや収入にあわせて、マイホームを手に入れる時期を検討してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加