マイホーム購入の予算を決めるポイント




home-1183150_1280

マイホームを購入するための予算を決めるポイント

家の購入を検討される方は、まず家を手に入れる為の予算を決めなければいけません。

予算の決定方法として最適なのは、ご夫妻の年収から逆算することで、購入に際し妥当な金額を決定することです。

これをしっかり考えていないと、買ってみてからローンに苦しんで後悔したとか、ケチってしまったけど、もう少し出しても良かったかもと後々後悔してしまう事にもなりかねません。

つまり、収入に見合う適切な金額を設定することで、後々買って失敗したな・・と後悔しない買い物ができるようになるのです。

予算の基準を決定するポイントについてご紹介します。

毎月の住宅ローンの返済額はいくらまでにするべきか?

どのくらいの返済額にすれば生活を圧迫しないのか?

これは、毎月の収入の25%程度に抑えるのが一般的です。

月収35万円あるのならば、87,500円くらいまでというのが妥当でしょう。

マイホームの月々の返済額としてはこのくらいの数値が一般的ですが、中には頭金を多くして毎月の返済を20%前後に抑える方もいれば、30%程度の返済負担をしておられる方もいます。

転勤が多い方になると、比較的頭金を多く用意しているケースが多いので、毎月の返済額だけで見ると20%を切っている方が多いように感じます。

住宅ローン返済期間の設定

住宅ローンの借入総額を検討する際は、単純にこの毎月の返済金額をかけるだけではありません。

住宅ローンには金利が付き、返済までの期間も決まっているので、何年で返すのか?の期間を決めておく必要があります。

例えば、完済するまでの期間を長めに設定すれば、毎月の返済額は少なくすみますが、総支払金額としてはかなり増えてしまいます。

一方、完済までの期間を短く設定すれば、毎月の負担額は増えますが、総支払金額としては返済期間を短くしているので、かなり安くなるのです。

ですから、住宅ローンを返済する時は、まずはこの2つの違いを頭に入れておく必要があります。

固定金利か変動金利かを考える

住宅ローンの金利は35年間変わらない固定金利(フラット35など)や金利が常に変動するものの2種類があります。

特に変動金利の場合は注意が必要で、金利が低い時は安くてすみますが、上昇してしまうと高くついてしまうというリスクもあります。

どちらも一長一短ありますが、固定金利の場合は常に一定の金利になるので、急な上下動がないので、私個人としては固定金利がおすすめですね。

固定か変動かで総支払金額にも差が出てきますので、どちらを選択するかはかなり重要です。

場合によっては100万単位で支払額が変わってきたりしますからね。

返済期間を長期に設定される場合は、金融情勢を見極めて金利タイプを選択する必要があります。

住宅ローンは金利と金利のタイプ、返済方法が選ぶポイント

家を手に入れる資金の捻出の為には、ほとんどの方が住宅ローンを利用されることがそうていされますが、住宅ローンの返済期間は、長期設定にすれば毎月の返済額は減少しますが、総返済額は大きくなり、反対に短期設定にすれば毎月の返済額は増加しますが、総返済額は少なくなります。

総返済額が変わる理由は、金利負担による差。

金利タイプは、変動型と固定型から選択する事になりますが、固定型は借入時の金利が変わらず、変動型は途中で金利が変わる可能性があります。

変動型タイプは通常5年ごとに金利が見直しされますので、金利が高くなった際に月々の返済が負担にならないかを計算しておきましょう。

全てを加味し、購入予算を決定する

上記で説明させてもらったものを全て加味し、最適な金額を決定します。

転勤になる可能性もあるので、まずは夫だけの収入でどのくらいやりくりできるかを、毎月の収入から計算し、25%程度の金額内におさえれるような返済額に設定。

そこから逆算して、合計いくらまでの物件が可能なのかを計算してみましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加