転勤族は持ち家と賃貸どちらが良いのか?




home-479629_1280

転勤族が持ち家を持つデメリット

持ち家を持つと、維持費や税金が必要となります。

また、転勤で夫についていくと決め、マイホームを他人に貸す場合などでも、税金などの出費は必要です。

持ち家を持つようになると、結構かかってくるのが維持費。

例えば保険もそうですし、古くなってきたり、劣化してきた部分があればリフォームや補修にもかなりの費用が掛かるケースもあるのです。

一般的な持ち家の修繕は、大体10年に1度は外壁や屋根の塗装とクロス張替えなどが必要となります。

その為、転勤による引越しで他人に貸す場合も、収入の利益が少なく赤字になる方も多いです。

また、マイホームを他人に長期間貸した場合は、経年劣化によって住む際にリフォームが必要になる事がも多々あるのです。

現在では土地価格も不安定ですし、家を持っているからといっても、必ずしも資産の増加に繋がりません。

マイホームを保有している方は最終的にその地域に住む可能性が高いですが、ライフスタイルの変化など、大きく自分や周りの環境が変化する場合もあるので、家があるために動きにくい(引っ越せない)という状況に陥る場合もあるのです。

賃貸に住むデメリット

持ち家と賃貸を比較した時によく挙げられるデメリットとしては毎月かかる家賃。

毎月家賃を払う必要がある賃貸アパートやマンションは、毎月支払っているものとはいえ、持ち家の様に最終的に手元に物件が残る訳ではありません。

家賃は単に払い続けるだけで物自体は残りません。

また社宅などの場合になると、ご自身で物件を選択できない点もデメリットです。

社宅などは築年数が古い、劣化しているなど入居にかかる費用は安いかもしれませんが、そこまで綺麗かどうかと聞かれると微妙ですね

また、度々引っ越すような方の場合は、定住していない事による人間関係の希薄さというのも顕著に表れ、特に転居が多い転勤族の妻は精神的負担が大きくなる方が非常に多いです。

定住してない事で友人が中々できないという方もとても多いですし、お子様も転校を繰り返し精神的に大きな負担を感じる事が多くなります。

持ち家?賃貸?転勤族にはどっちがいいのか?

持ち家か賃貸か。

この2つの選択は転勤が多い家庭では永遠のテーマのように悩まれていますが、今は賃貸で過ごしていても、いつかタイミングが来たら戸建てやマンションなどのマイホームを持つことが必要になります。

賃貸アパートなどで過ごしていると、そこまでお金もかからないし、引っ越せばいつでも新築に住めるからと、持ち家を持つことに抵抗がある人もいますが、やはり、住宅ローンを組む年齢のことや子どもや家族のことを考えると、早めに定住できる場所を探し、マイホームを持つことが望ましいのではないでしょうか。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加