社宅に住み続けるか?それともマイホーム購入?どちらが良いの?




open-house-1163357_1280

社宅に住み続ける?それともマイホーム購入?

ご主人が勤める会社が準備したあぽーとやマンションなどの社宅に住まれている方は多いですよね。

その魅力はなんといっても、同じランクの賃貸物件よりもかなり割安で住める事です。

本来は月に10万円近くかかるような物件でも、2万、3万円とかなりお得に住むことが出来ます。

もちろん、会社が用意してくれるということは、ご主人の通勤にも不便さがない立地にある事も魅力のひとつになりますが、会社に用意された住宅に住むにあたっての条件は、当たり前ですが会社に勤務している事です。

したがって、定年退職後やなんらかの理由で退職する場合には退去せねばなりません。

つまり、将来的には必ず退去する必要があるのが社宅。

どのタイミングで出ていくのかは住まれている方によっても違いがありますが、最終的には出ていかなければいけない場所だというのを再認識しておく必要があります。

会社に用意された家を出ていくタイミングは、マイホームの購入に合わせて出ていかれる方が最も多いですが、中には、ご主人が定年されるまで住まわれる方もおられます。

会社に用意された住宅に住んでいる間は、マイホーム購入費用をできるだけ貯める期間と割り切って住まれる方も多くいますが、出て行くタイミングは早めに考えておく必要があるんじゃないでしょうか。

会社が用意してくれた社宅に住み続けるメリット

社宅の一番のメリットは、家に住む為の固定費がかなり安く抑えられる事です。

生活費の中で、住宅にかかる固定費が占める割合は大変高く、ほとんどの一般家庭で1番2番を争うくらい高額です。

しかし、会社に用意された家に住める方は、家賃や住宅ローンなどの費用がかなり低額に抑えられます。

特に「いつかはマイホームを!」と、将来的に購入を検討されているのであれば、他の方と比較してもかなり短期間で目標金額まで貯める事ができるので、節約目的で社宅に住み続けるのも悪くはありません。

それに、マイホームの購入を検討されていない方も、支出が自然と抑えられ、貯金を貯めやすくなるメリットもあります。

また、最近は会社名義で一般の賃貸マンションを借り上げて貸与してくれる場合も多くなっています。

この場合はご近所さんも会社とは関係のない方ばかりですので、人間関係のわずらわしさもかなり少なくなります。

会社に用意された社宅に住み続けるデメリット

社宅に住むデメリットで最も多く取り上げられるのが、人間関係です。

人間関係が希薄になっている現在ですが、会社に用意された家に住む場合の人間関係は、ご主人の仕事にも影響を与えるかもという不安がつきまといます。

実際は、ご主人の仕事に影響する事はほとんどないのですが、会社に用意された住宅内での発言の影響力にはご主人の役職が少なからず影響を与える場合が多いです。

また、少しでも周りの方と違う様子が見られると、すぐに噂が広まりますし、一般の住宅と比較しても清掃活動などでお付き合いが多くなります。

こういった事は人によってはメリットとなる方もいるかと思いますが、反対にデメリットとなる方も沢山います。

会社に用意された家の形態によっては、人間関係が希薄な社宅もありますし、住宅によっては、築年数が古かったり住宅条件が悪かったりなどのデメリットも存在します。

社宅のメリット・デメリットを考えると、一長一短なので、捉え方によってはもっと社宅に住んでお金貯めてと考えてしまう人もいれば、早くこんなせまっ苦しいところからは抜け出したいと思われる方もいるでしょう。

つまり、明確な答えは無いのですが、最終的にはそこからは出て行かないといけない事になるのだけは決まっているので、早めにマイホーム購入などの時期を考えておかなければなりません。

結婚して、子どもが産まれてなどステージがどんどん変わっていきますが、やはりのびのびとした子育てを考えるならマイホームの方が圧倒的に良いと思います。

社宅を出て行くまでに貯める目標金額を夫婦で話し合って決めて、それを達成したら出て行くというようにしていたら夫婦でもめる事も少なくなります。

ただ単に節約できるから、というような理由で住み続けていると、結局中々抜け出せなくなるので注意が必要です。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加